ムーンリット・ナイト

2011年作曲


サクソフォン四重奏

グレード 5

演奏時間 16:00

I  5分30秒

II  4分30秒

III 6分00秒


委嘱:佐野功枝

フォスターミュージック

 ムーンリットナイトは佐野功枝氏の委嘱により作曲され、2011年10月21日(金)に開催された佐野功枝サクソフォンリサイタル「Moonlit night」(電気文化会館ザ・コンサートホール)にて初演されました。通常のサクソフォンカルテットの編成ですが、テナーサクソフォンを中心としたアンサンブル作品として作曲しました。  曲は3つの楽章により構成されています。第一楽章は緩やかで響きの中をたゆたいながら、叙情的な楽想による月、あるいは月に照らされたほの暗い明かりのようなイメージです。テナーサクソフォンの音色の魅力を引き出せるように、テナーサクソフォンと3つのサクソフォンという意味合いの強い構成になっています。  第二楽章は様々な情景を想起させるように、緩やかな楽想の中に様々な表情を持つ音楽です。4つのサクソフォンの音色が混ざり合い、そこにはそれぞれの持つ記憶が織り交ざっていくかのようです。  第三楽章は軽快な楽想で、ジャズの要素を強く持っています。途中で緩やかになり、第一楽章と第二楽章を経てきた名残として現れますが、曲の最後に向けて次第にエネルギーが強く高まっていきます。そして軽快な楽想へ再び戻り、この音楽の旅、月の引力とも言うべき音楽の引力に引っ張られ曲を終えます。


第一楽章


第二楽章


第三楽章